更年期ニキビ

更年期ニキビ

ニキビという肌トラブルは思春期だけに起こると思ったら大間違い。成長期におけるホルモンバランスの影響で特に思春期にできてしまいやすいというだけで幾つになってもニキビのできる可能性はあるんです。

 

ニキビができてしまったところで多少の痛みを伴う程度であって、命の危険どころか体調への影響すらありません。

 

しかし、見た目の出来映えを気にするのが人間というものです。ニキビはどの箇所にできても見た目の良いものではありません(/ _ ; )

 

まずニキビのできてしまうメカニズムを簡単に説明しましょう。

 

ポイントは皮脂分泌にあります。そもそも皮脂分泌というのはお肌にとって必要なものなのですが、これが過剰に分泌されてしまうことで角質層が厚くなり毛穴を塞いでしまいます。

 

その塞がった毛穴の中でアクネ菌が増殖し炎症を起こしてしまうのがニキビです。

 

最も皮脂分泌の著しくなる思春期にニキビができやすくなるのはこのためなのです。

 

しかし、成長期を終えた大人でもニキビができてしまうのには直接的に過剰な皮脂分泌が原因ではなく、様々な不健康要素から結果として過剰な皮脂分泌に繋がることが要因となります。

 

お分かりの通りここまでは、その不健康要素をなるべく取り除くという努力でニキビの発生を回避することが可能です。
しかし、少し歳をとって中年期になると再びニキビのできやすい要因が生まれてきてしまうのです(/ _ ; )

 

中年期のニキビ対策として漢方を活用される方もいらっしゃいますよね。漢方は中国から伝わった医学ですが、自然食品を主原料としているため体への害は無いですし、

 

思春期

食品の持つ成分には何にでも効能があるのと同様に漢方にもニキビ治療に有効的だとされているものもあるため、摂取することは良いことかと思います^_^

 

しかし、歳をとればとるほど、美肌を保つのに欠かすことのできないコラーゲンやセラミドの生成機能は衰え、お肌のターンオーバーにかかる周期も長くなってしまうため、

 

ニキビなどの肌荒れを起こしてしまうと治りが遅いだけでなく傷跡を残してしまったりシミを作ってしまったりしてしまいます(/ _ ; )

 

このような悲しい現実の上にあるのが“ 更年期ニキビ ”なわけですね(T_T)

 

更年期障害のメカニズム

 

更年期障害とよく耳にするかと思いますが、更年期には体内で何が起こっているから障害をきたすのかご存知ですか?
ホルモン分泌の低下からホルモンバランスが崩れることによって体に様々な弊害を与えられてしまうのです。

 

この更年期、実は男性にも訪れるようですが、症状としては女性の方が大きく現れます。

 

年齢を重ねるごとに確実に体内物質が減少してしまうのは、生成機能の衰えにあり、残念ながら避けられないことです。

 

そのため、傷や出来物が治りにくくなったりするのは勿論のこと、女性ホルモンの分泌も低下してしまうので、体調に変化が訪れるようになります。

 

女性ホルモンは大きく2種類に分類され、卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンに分かれます。この2種類を比較すると、エストロゲンの方の分泌低下が大きく見られるんです。

 

結果、プロゲステロンの割合の方が多くなるわけですが、このプロゲステロンは困ったことに皮脂腺に余計な刺激を与えるイタズラをする性質があります(`‐ω‐´)

 

皮脂腺に与えられた余計な刺激によって皮脂分泌は盛んになり、その皮脂はニキビの原因であるアクネ菌の恰好の餌食となるわけですね...σ^_^;このカラクリは生理の時に起こる現象によく似ています。

 

女性ホルモンの1種であるプロゲステロンは生理前から徐々に増え始めます。生理前から生理中にかけてニキビができ易くなってしまうのはこの為なんです。

 

加えて更年期には精神的不安定が増す傾向にあり、必然的にストレスの発生しやすい次期にもなります。

 

過度のストレスはホルモンバランスを崩すとても大きな要因となります。ただでさえホルモンバランスの崩れやすい次期なのですから、やはりストレスは大敵だということですね...(T_T)

 

それに、ホルモンの1種であるコルチゾールという物質も増加するようになるのですが、こちらも悲しいことに皮脂腺を刺激してしまう物質なんです。

 

ニキビ環境のお話しだけで言うと、更年期は第2の思春期と言えそうですね(。-_-。)

 

ホルモンバランスとの関係性など少し難しいお話しになってしまいましたが、ニキビ治療におけるプロセスは基本的には何もかわりありません。

 

そう言えるのは、ニキビ自体は何処の箇所にできようが何歳の時にできようがニキビはニキビでしかないからです。

 

化膿ニキビ対策

 

ニキビ発生までの仕組みに若干の違いがあるだけなので、食事から睡眠時間、心の安定や日々のスキンケアなど、日常生活の中でホルモンバランスを整えようとする気遣いが絶対的に必要です。

 

スキンケアに関しては、ニキビに最も有効的なビタミンCの摂取を心掛けることや、余分な皮脂を出さないようにするために保湿を徹底的に行ってください。ケア用品は安全性の高いものをチョイスし、とにかくお肌への負担を無くしていくことと、常に清潔なお肌を保つことを心掛けましょう!

 

少々余談ではありますが、基本的にホルモン補充療法というものは重度の更年期障害に苦しんでいる方に有効なものですので、ニキビ治療のみを目的とするならば避けておきましょう(u_u)