思春期ニキビ 

思春期ニキビ

思春期ニキビの原因

 

主に10代から20代くらいにかけて発症の著しくなる白ニキビのことを通所“ 思春期ニキビ ”と呼びますよね。

思春期

ニキビにも赤く腫れたニキビや黄色く膿の溜まったニキビなど種類がありますがニキビはニキビです。思春期ニキビと呼ばれるものも通称というだけで特別に何か違いのあるニキビが出来るわけではありません。

 

思春期と呼ばれる時期は、心も身体も徐々に大人へとなっていく成長期である中高生くらいの時期を示します。

 

私もこの頃は、今では考えられないくらいのニキビ肌に悩まされていました.....(/ _ ; )

 

そんな憎き思春期ニキビ。何歳にできようがニキビはニキビなのに、そんな通称がつくにはそれなりの理由があるはずですよね。

 

では、成長の著しい思春期にできるニキビには、どういったことが関係しているのでしょう?

 

それは、特に思春期に活発に分泌される“ 成長ホルモン ”という物質にあります。

 

成長ホルモンとは、その名の通り、身長や筋肉の成長に生殖器の成長など、女性は女性らしく男性は男性らしい身体へとなっていくための、思春期に限らずとても重要なホルモン物質なんです。しかし、この成長ホルモンの分泌が著しい思春期には、この物質の性質によって“ 皮脂分泌 ”も著しく活発になってしまいます。

 

そもそも皮脂分泌自体は皮膚を保護ために必要なもので、皮脂を分泌する工場である皮脂腺と毛穴が繋がっており毛穴から出てくる無色透明の液体が皮脂なわけですが、この皮脂量が過剰に多くなると“ アクネ菌 ”というニキビの根元となる常在菌を増やすことに繋がってしまうのです。

 

思春期 = ニキビ    とイコールで繋がるわけではありませんが、ニキビとは“ 皮膚の炎症 ”によって起こるものです。外部からの刺激ではないところで皮膚が起こす“ 炎症 ”の主な理由は“ 菌 ”なため、アクネ菌を増やしてしまう思春期にニキビができやすくなってしまうわけですね。

 

思春期のニキビ対策

 

10代の成長期や、新陳代謝が活発な20代は皮脂分泌が活発です。先ほども説明しましたが皮脂分泌が過剰になると“ アクネ菌 ”が繁殖します。だからといって、皮膚組織を保護する為の皮脂を取りすぎても皮膚細胞を紫外線のような外敵要因から保護することができませんので皮脂を適度の量で保つことが大切です。

 

ニキビ対策に特化している洗顔料等ではないとこの皮脂を取り除きすぎて逆効果になってしまうのでニキビ治療用洗顔料等を使用しましょう。 もちろん日頃からの食事、睡眠、運動も気を付けることは必須です。

 

 

 

わざわざニキビのできやすい時期など作って欲しくはないものですが、赤ちゃんを産む時にはツワリを乗り越えなければならないように、何かを成す時には犠牲はつきものといったようなことなのかもしれませんね^_^

 

赤ちゃんといえば、女性は思春期に月経が始まりますね。月経を迎えることでもホルモンバランスは乱されますので余計と皮脂分泌が増してしまったりと女性は特にダブルパンチ状態です(/ _ ; )

 

成長期においてホルモンバランスを整える作業というのは本当はなかなか難しいことなのに、身体が若く体力もあるので目に見えて問題が起こるようなことが極めて少ないですよね。

 

それ故に、睡眠時間を削ってでも夜遊びしたり頻繁にジャンクフードを食べたりと身体に負担をかける日々になりがちです。

 

しかしながら、そういった無茶をしている生活習慣がニキビ肌を育成してしまうのです(/ _ ; )

 

ニキビ肌で悩む人の中には遺伝が大きく関係している場合もあるので、不摂生ばかりがニキビの原因とも言いきれませんし、逆に生活リズムの悪い人でも全くニキビに悩まされない人もいます。

 

しかし、身体にとって良くないことは常日頃から避けほしいものです。今は何事もなくても、現時点での不摂生が祟って後々にニキビに悩まされることになる可能性も十分にありますからね(O_o)