メラニン色素

メラニン色素とニキビの関係

みなさんはメラニン色素というものを大体は御存知ですよね? でも女性の大体の人は嫌っていますよね??

 

メラニンは紫外線をお肌に浴びると、肌細胞を守る為に色素が増えてきます。これが増えると日焼けにつながります。

 

そうです。日焼けはなにかとお肌に良くない事ばかりです。

 

 

広告1

しかしこのメラニンがあるからこそ紫外線や外部の刺激から肌を守れるのです!一般的に、白人肌→黄色人肌→黒人肌 このような順にお肌の強さは変わってきます。つまりお肌の色が薄い人種のがメラニンが少ないのでお肌弱いのです。

 

このことからやはり、一般的にお肌トラブルに関して言えば黒人肌の方が断然に少ないのです。因みに皮膚ガンの発症率もメラニン色素を沢山持っている黒人肌の方が少ないのです。

 

メラニンの大切さがわかってきましたか??

 

 

ではメラニンが多いとシミが出来やすいといわれていますが実際はどうなのでしょうか?

 

答えは、違います!

 

シミは日焼けなどで外部的要因で増えたメラニン色素が沈着してしまい、それがシミになるのです。

 

ではなぜ色素沈着をするのでしょうか?

 

それは、肌のターンオーバーが何らかの原因で遅れる事により色素沈着を起こしてしまうのです。通常紫外線なのでメラニンが増えても肌細胞のターンオーバーが始まれあメラニンは無くなりますのでまた元のお肌色に戻ります。

 

しかし、そのサイクルが乱れると本来排出すべきメラニンが肌に残ってしまい沈着してシミになるのです。

 

また、色素沈着を起こしたお肌は、ニキビや炎症を誘発してしまうのです。決してメラニン色素が悪いのではなく、正常なターンオーバーで排出できないのが良くないのです。

 

ターンオーバーサイクルが乱れる理由は、年齢・ホルモンバランスの乱れ・ストレスなどが上げられます。

 

 

このことからやはりニキビ対策は、洗顔や保湿とともに普段の生活習慣を改善などをセットで考えて対策しなければならない事が分かりますよね。
正常なターンオーバーをさせる為に日頃から生活環境を整えましょう。