ニキビ ストレス

ストレスがニキビにもたらす影響

大人になってからできるニキビはストレスが原因?!

思春期にできるニキビと大人になってからできるそれとは原因が異なってきます。思春期の時期では成長ホルモンにより皮脂分泌が過剰に生成されることが原因ですが、大人になってからは違う要因が考えられるのです。

 

過剰なストレスによる負担

会社や人間関係でのストレスが溜りやすい20代〜30代にこの首ニキビの発症率は高く、ストレスによる原因が指摘されます。
過剰なストレスがかかってくると活性酸素を体内で大量に生み出し、角質層へ影響を与えて、肌のバリア機能を低下させることによってニキビができやすい状態になります。

にんじん

内的要因ではこのストレスが引き金となってニキビを発症させてしまうことが多いと言えます。

 

大人ニキビの代表的部位は?

大人ニキビの代表的な部位首やうなじにできてしまうニキビです。それはニキビの原因の一端となっている皮脂腺は顔に集中しており、おでこや頬、鼻に比べ首周りは皮脂腺が少ないと言えます。
首周りは毛穴は小さい為、乾燥しやすいので潤い不足でシワができやすというのもそういった理由があるからです。
よって顔ニキビに比べて首ニキビはできにくい箇所と言われていますが、逆に首ニキビに悩まされている人も多くいらっしゃるのです。

にんじん

思春期で過剰に皮脂分泌が行われてできてしまったニキビではなく、大人になってからできるこの首ニキビにはどういった理由があるのでしょうか?

 

雑菌の付着によるニキビの発生

外的要因として考えた場合には?
例えば首の後ろ、つまりうなじ部分に関しては外的要因によってニキビを発症したというケースが多いです。
髪がうなじにかかっている人ほどうなじのニキビができやすく、それは髪に付いた雑菌がうなじへと繁殖してしまうことにあります。
そのような場合では後ろに髪を束ね、うなじへ髪が触れないようにする応急処置を行いましょう。
うなじを露出している時は紫外線にも注意が必要で、紫外線が皮膚へ与える影響では皮膚の角質層を厚くさせ、角質肥厚によってニキビを発生させる要因にもなりえます。紫外線対策も行いましょう。
またネックレス等の装飾品やタートルネックの服を良く着る人もそれらが原因でニキビができてしまうケースがあります。
湿度や皮脂はニキビの原因となるアクネ菌を繁殖させやすく、金属や服の素材が肌に密着していることで、首周りの湿度が上がり雑菌の繁殖場所には最適な環境を提供してしまっているからです。