ニキビ ビタミン

ニキビへのビタミンが与える効果

ニキビに相性が良い食べ物がある?!

ニキビの予防や改善には毎日の食生活が多分に影響します。
ニキビに効く食事とはいったいどのようなものなのでしょうか?
ニキビに効く栄養素はビタミンB2ビタミンB6を多く含んだ食材で牛、豚の肝臓(レバー)を摂取すると良いと言われています。
またアブラナ科(菜花やカボチャニンジン)やタラの芽もニキビケアの食材としては効果があるとされていますので、積極的に取るようにしましょう。

かぼちゃにんじん

 

ニキビに悪いとされている糖質や脂質はお菓子に多く含まれています。間食を抑える為にも、普段の食事量を充分に取り満腹感を得るようすべきだと思います。
よくご飯など白米は太りやすい炭水化物ですので女性には敬遠されがちですが、麦芽玄米等に変えれば炭水化物を抑え、高栄養価を取りやすい食材なので、満腹感を得たい時にはこのように食材を変更してみるのも手ですね。
食事のバランスを考えるのは手間だという人は、高カロリーになりやすい洋食や中華を控えるようにして、和食中心の食事に変えてみましょう。
和食には低カロリーで高栄養素をえやすいメニューが多くあります。
身近なお味噌汁でさえ、タンパク質のお味噌にわかめ等海藻類があれば、満足感も得られて低カロリーで済みますし、タンパク質はお肌にとっても良い栄養素として知られています。

 

ニキビマメ知識〜ニキビができない部位がある?!〜

ニキビが手のひらや足の裏にできたことはないですよね?
それは手のひらや足の裏の皮脂線が他の部位に比べ異常に少ないからです。
皮脂線とは毛穴の奥にあり、この皮脂線から皮脂が分泌することによってニキビを誘発させる原因の一つとなっています。

にんじんにんじん