30代ニキビ

30代ニキビ

30代で顔を中心にできるニキビに悩んでおられる方、きっと10代20代からも悩まされ続けてきたかと思います(/ _ ; )そして肌は常に荒れた状態で、なかなか引かない赤みやニキビ跡も残ってしまっていることが多いかもしれませんね(/ _ ; )

 

日々の丁寧なスキンケアや生活習慣に気を付けたりと、自宅で出来るニキビケアを遂行しているとは思いますが、荒れた肌に赤みを帯びている部分やニキビ跡を消したい場合は高濃度のビタミンC成分が必要になります。

 

人間の皮膚は、悲しいことに20代半ばをピークに肌を守るバリア機能をはじめ、肌の再生機能が衰えていきます(/ _ ; )バリア機能に欠かすことのできないセラミドも確実に減少していってしまうのです。

広告1広告1

人間の皮膚は、あの薄い1枚皮の内部で角質層が何層にも重なってできており、その層が崩れてしまわないように接着剤の役目を果たし、肌の水分を保ったり外部からの刺激から守ってくれているのがセラミドです。

 

肌が突っ張ったり乾燥を感じたり、酷い時は粉吹状態になってしまったりする原因は、水分の不足とセラミドの減少にあります。

 

こんな状態の時に市販品のクレンジング剤や洗顔料を使って顔を洗うと、刺激が強過ぎてピリピリと染みるような刺激を感じたり、酷いと肌荒れを起こし、当然ニキビも治り辛くなります。

 

たとえ健康な肌の持ち主であっても、加齢と共に肌機能は退化していくので個人差はあるものの若い頃の肌よりも乾燥しやすくなることは否めません。

 

出来てしまったニキビの治療に力を尽くすというよりも、十分な保湿の行き届いているケアに力を入れ、水分量の高い肌を育てることでニキビはグンとでき難くなるんです!

 

日常的に使用する洗顔アイテムやスキンケア商品を、界面活性剤への不安のない市販品以外のニキビケア専用のものをお勧めするのはこの為なのですね^_^むしろお勧めというか必要なことです!!

 

広告1

そして後は、内側からのアプローチですね?適切なスキンケア商品を使ったりすることは外側からのこと。先ずは難しく考えずに、食事の摂り方や睡眠の摂り方を見直すだけでも肌は変わってきますよっ?

 

外からだけ、内からだけ、どちらを頑張ってもそれなりに効果は現れるかもしれませんが、それは一時的なものに過ぎません(u_u)結果がニキビを生まない肌へしっかりと結び付くように、先ずは基礎知識を知り、

 

基礎的なことを守れるライフスタイルにしていきましょう^_^☆