20代ニキビ

20代ニキビ

成長期である10代の頃からニキビの発症があり、盛んな成長期を終えた20代になってもニキビの発症が治まらない人は、炎症や化膿を繰り返し、20代30代40代までもニキビ肌の治らない可能性があります。

 

私も10代の頃からニキビ肌に悩み、20代になっても治まらないニキビが嫌で嫌で、すがる思いで皮膚科へも何度となく通いましたが思うような結果は得られませんでした(/ _ ; )
自分の肌質に合った洗顔アイテムやスキンケア商品を使用することは勿論のこと、身体の内側からの体質改善が必要となります。

 

思春期

10代の頃にできるニキビは、主に成長期におけるホルモンバランスの乱れから皮脂分泌量が過剰になることとされていて原因が分かり易いのですが、20代30代にできるニキビは、ホルモンバランスの乱れ,ストレス,睡眠,偏食,内臓機能の低下など、原因の追求がし難いものです。

 

洗顔アイテムやスキンケア商品などの外側からのアプローチを入念に行うことも勿論大切なのですが、ニキビを治すのではくニキビを作らない肌を目指すことが、ニキビレスな肌への近道です。

 

まだ白ニキビの状態など症状の軽いものであれば、外側からのスキンケアと内側からの少しのアプローチで治せる可能性も高いのですが、顔全体が赤く見えるほどの炎症したニキビがいくつも発症し、中には黄色く膿を持ったニキビが繰り返しできている状態であると、ニキビ自体は治ってもニキビ跡を残してしまう可能性が非常に高いです。

 

現代では、ネット上などにもありとあらゆるニキビケアアイテムが蔓延していますが、ニキビの症状が重度のものであれば高濃度のビタミンCなど比較的高価になってくるアイテムを導入しなくてはなりません。日常的にメイクをする女性にとっては、男性やメイクをしない女性以上に日々のスキンケアに気を使う必要があります。

 

思春期

肌の元気な10代とは違って、肌の健康のピークは20代半ばで終わってしまい、健康な肌に必要不可欠なコラーゲンやセラミドの生成が次第に下降していきます。これが俗に言う“ お肌の曲がり角 ”ですね(/ _ ; )

 

また、若い頃は頬やおでこを中心にできていたニキビも、20代半ば頃から30代40代にはアゴ下や首周りなどに目立つようになっていきます。外側からのアプローチに頼ってばかりでは治りにくく、また首に出来てしまったニキビは非常に治り難いので、やはり身体の内側からの体質改善が必要になってきます。

 

こういったニキビを繰り返すスパイラルから抜け出せなくなると、皮膚科を受診して抗生物質などの処方箋を頂いても、その場限りの改善が見られるといった一過性のものであり、身体が処方箋に慣れてしまったり処方箋の服用を止めれば再び元の状態に戻ってしまうということが多いのが実情です。

 

外側からのアプローチは当たり前であること。内側からのアプローチも必要不可欠なことがお分かりいただけましたでしょうか?目に映る外見の問題点へは、外部からの解決手段を施しがちですが、20代になってもニキビに悩まされている場合は体質改善をするべく今一度、生活習慣の見直しを計ってみてくださいね!!