10代ニキビケア

10代ニキビケア

私はニキビ肌に悩んでいた10代の頃に正しいスキンケア方法を知ることができませんでした。現代のように情報量も多くなく、私の母も、私のニキビの悩みに無頓着だった為です(/ _ ; )
皮脂分泌の活発な10代のニキビは『 こまめな洗顔を心掛けて皮脂を洗い流し、肌を清潔に保つこと 』はNGなんです!!

 

10代の成長期は20代や30代よりもずっと皮脂分泌量が多いので、とにかく油を取り除くことがニキビレスへの近道だと思いがちですが、実は間違いなんです。

 

思春期

性別や年齢に関係なく、洗顔回数が毛穴の汚れ落ちに比例することはありませんし、ニキビレスとイコールで繋がることもありません。それどころか過剰な洗顔は肌を痛めてしまいます(/ _ ; )

 

若い10代の人は肌も若くて元気があるので、雑な洗顔方法になってしまいがちです。手に取った洗顔フォームを両手でこすり合わせてそのノリで顔も...なんていうのが実情のようです...(O_o)

 

ニキビを治すつもりなら、ニキビケアを歌っている市販品などでは効果は期待できません。

 

市販品の洗顔料には、界面活性剤という汚れを吸着する強力な物質が配合されています。値段が安価なのも本当に肌に大切なことは省いてしまっているからなんです。

 

先にも述べたように、洗顔とは、回数を重ねれば重ねるほど擦れば擦るほど、毛穴の汚れや詰まりが除去できるというものではありません!肌にとって皮脂は必要なもので、その皮脂を肌から奪いきってしまえば、肌が突っ張ったり乾燥したりするのは当然ですよね(´._.`)

 

現代では10代でもメイクをする女性が増えていますが、市販品の拭き取りシートは絶対に使わないでくださいね!あと、ニキビができている時に市販のクレンジング剤もお勧めできません。

 

また『 白ニキビは潰して消毒すれば早く治る 』も間違いです!白ニキビはまだ軽症のニキビなので正しいスキンケアで治せるはずだったものが、故意的に指先で押し潰したりすれば、炎症を起こし赤く膨れ上がった赤ニキビへと悪化し、最悪な場合、化膿して膿ニキビになってしまうという結末が待っています。

 

ニキビ肌でお悩みの人は、今使っている市販品の洗顔量はやめて無添加石鹸に切り替えましょう☆

 

 

思春期

よく泡立てたホイップクリームのような泡を手の平と顔で挟むように優しく丁寧に洗います。肌を傷めることのないスキンケアが目的ですので、洗い上がりにサッパリ感がなくてOKです☆

 

メイクをする女性は、今使っている拭き取りシートやクレンジング剤をやめて無添加石鹸のみに切り替えましょう☆
1度目の洗顔でメイクを落とし、2度目の洗顔で仕上げてください。メイクの厚さにもよりますが、大切な皮脂が足りなくならないようにしてくださいね☆

 

成長期であるホルモンバランスの変動が著しい10代の人で、炎症を起こした状態の赤ニキビに悩んでいる場合、市販品の塗り薬などでは望むような完治の状態へは至りません。洗顔用の無添加石鹸だけではなく、ニキビ肌用の正しいスキンケアを導入するべきです。

 

スキンケアも市販品のものでは余分な添加物が多く配合されているため、ニキビ肌への治療効果は極めて薄いのです(/ _ ; )

 

市販品意外のものとなると、Web上での通信販売がメインとなりますが、クレジットカード意外にも銀行振り込みや代金引き換えなど、決済方法はありますので安心してくださいね^_^♪