脂漏性皮膚炎 顔

脂漏性皮膚炎 顔に出来た時は注意が必要

まず初めに・・ 

 

広告1

 

 

脂漏性湿疹脂漏性皮膚炎は、

 

体調やホルモンバランスが崩れている時に、ニキビを発症してそれが悪化して進行してしまうと脂漏性湿疹になってしまいます。

思春期

 

脂漏性皮膚炎を予防する洗顔料

↓↓↓↓↓↓



 

ニキビと脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)についての説明に入る前に.....これらの皮膚疾患の原因となるものは不摂生な生活習慣が大きく関わっていることが少なくありません。

 

規則正しい生活はもちろんのこと、身体の内側からの免疫力向上を目指して毎日1杯からでも良いので青汁を摂るようにしてみましょう☆

 

ボディーソープやシャンプーなども無添加のものの方が格段に安全性が高まりますね♪

 

では、先ずは皮膚のことを知りましょう☆
みなさんご存知のように、人間の皮膚は紙でも切れてしまうほど薄いものです。しかし、その薄い皮膚の中身はいつくもの層でできていて作りは複雑なんです。

 

人間に備わった人体機能というものは非常に優れており、外部からの侵入物質をシャットアウトし、肌細胞も再生を繰り返します。しかし、そんな優れた人体機能も虚しく、やはり皮膚というのはデリケートな組織ですので気を付けてないと皮膚トラブルを招きやすくなってしまいます( ; ; )例えば、誰にでも起こりうる代表的な疾患がニキビですよね。

 

そして、あまり耳にしないかもしれませんが“脂漏性湿疹 ”という皮膚疾患もあります。脂漏性皮膚炎とも呼ばれ、発生状態はニキビとよく似ているため、比較的軽視してしまいがちなニキビと同じように軽視してしまった為、症状が酷くなりこのような皮膚疾患に悩んでおられる方も多くいらっしゃいます。。。

 

脂漏性皮膚炎が顔にできた時は要注意です!

 

思春期

 

発生理由としては、いずれも皮膚の炎症によるものなのですが、根元が違ってきます。ニキビの主たる原因は“ アクネ菌 ”の増殖により炎症を起こすことに対して、脂漏性湿疹は“ マラセチア真菌 ”といってニキビとはまた別の物質により炎症を起こします。

 

これら2種類の菌には違った特質があり、アクネ菌は毛穴内部に存在するのに対して、マラセチア真菌は皮膚の外部に存在します。どちらも常在菌ですので、存在して当たり前の菌であり、それぞれに役割を果たしているのですが、酸素の苦手なアクネ菌は皮膚の中で、対してマラセチア真菌は皮膚の外で過剰な増殖を繰り返されてしまうと疾患へと繋がるのです。そして、似ているようで症状にも違いがあります。

 

 

思春期

ニキビは炎症を起こすまでに対し、脂漏性湿疹は更にフケを発生させます。この2種類の疾患を比較した場合、ニキビよりも脂漏性湿疹の方が皮膚疾患としては重度なものだと言えます。皮膚疾患といっても、ニキビの発生は大なり小なりきっと誰しもが経験したことがあるかと思いますが、脂漏性湿疹を発症することはなかなかありません。

 

しかし、炎症を起こす原因がニキビと似ているため、運悪く同時に発症してしまう場合もあります。

というよりは、

 

体調やホルモンバランスが崩れている時にニキビを発症してそれが悪化して進行してしまうと脂漏性湿疹になってしまうのです。

 

脂漏性湿疹の初期症状がニキビという事です。

 

これらの発症の主な原因は、生活習慣からくる免疫力の低下によるものだと考えられます。人間の身体は免疫力のお陰で様々なバリア機能を果たしていますので、これが低下すれば真菌類の増殖を許してしまうということです。

 

従って炎症も起こりやすくなるということですね。人間の皮膚で増殖,生息している菌類の餌は“ 皮脂 ”です。

 

皮膚のバリア機能となる皮脂の分泌は絶え間なく繰り返されているため、菌類の餌を常に生産していることになりますが、菌類の異常な増殖が起きないのは、先にも述べた“ 免疫力 ”のお陰なのです。脂漏性皮膚炎は、例えば赤ちゃんやお年寄り、エイズの発症者に起こりやすいのです。お分かりの通り、免疫力が低いからですよね。

 

つまり、肌バリア機能を回復させれば脂漏性皮膚炎やニキビを発症を回避できるのです。

 

薬用アクセスラボ

ニキビ治療の神様と言われている相澤院長が開発



 

相沢皮膚科クリニックの院長で医学博士が開発したニキビ専用トライアルセット

 

過去5万人、1日平均120人のニキビ患者を治療してきた実績

 

ニキビ専門医で医学博士が開発したものなので、ニキビ治療効果は間違いありません。

 

広告1

新生児や乳幼児といったいわゆる赤ちゃんの免疫力はとても弱く、高齢であるお爺さんお婆さん達も、体機能が低下していくのと同じように免疫力も低下しますよね。そして、エイズ感染も免疫システムが破壊されてしまうので、最も脂漏性湿疹を招きやすい病状だといえます。治療法としては、抗真菌剤の投与やステロイド剤の塗布などになります。

 

の他にも、シャンプーにケトコナゾールを配合したものの使用なども推奨されますが、やはり最も重要視されることは“ 生活習慣の改善 ”にあります。

 

HIV感染などの特殊な病気を生活習慣のみで改善するには難がありますが、病気や疾患を発症するにはやはり生活習慣の問題が大きく関与しているものです。

 

ニキビの発症に悩んでおられる方にも心当たりはありませんか?日々のストレスに食生活、睡眠の摂り方など、生活習慣で皮脂分泌量が変わってきます。

 

脂漏性皮膚炎にせよ、そもそもの体質にも関わりはありますが、良い生活習慣を送ることが治療への早道です!