にきび治療

にきび治療の心得を知ろう!

ニキビと聞いて先ず思い浮かぶのは、赤く膨れたニキビではないでしょうか?ニキビは皮膚疾患の一種でありますが、生命の危機に関わるような病気ではないため軽視されがちですよね。

 

しかし、世の中には酷いニキビでにきび治療について考えたあげくに、ノイローゼになってしまうぐらいに精神的に追い込まれ悩んでおられる方もいらっしゃるほどです。

 

一般的に思い浮かぶ赤く膨れたニキビですが、本当はニキビには赤く膨れる前に前兆があります。この前兆を無視して赤く膨れてしまってからお手入れを急いでも、実は時すでに遅しなのです(/ _ ; )
赤いニキビは、ニキビの前兆を経て炎症を起こしてしまった状態なんです。

思春期

 

それでは、にきび治療の前にニキビについて理解していきましょう。


ニキビの前兆とは

先ずは、ニキビの原因となる肌トラブルの起きる初期段階に“ 微小面ぽう ”と呼ばれる角質を発生させ皮脂汚れで毛穴をつまりやすくさせてしまう状態になります。

 

この段階では目に見えたニキビではないので、お肌の変化に気付くのは難しいです。ここからもう少し症状が悪化すると、ポツンと白くて小さな“ 白ニキビ ”と呼ばれる突起物が顔を出します。

 

これの逆の状態が、毛穴が広がったまま皮脂が酸化した状態で毛穴をつまらせてしまう“ 黒ニキビ ”と呼ばれるものです。

 

過剰な皮脂分泌により、皮脂の逃げ道がなくなると余分な皮脂が蓄積されていくよとになります。そうしたことで毛穴が広がって白や黒のニキビを発症させてしまうわけですが、特に皮脂分泌の著しい“ Tゾーン ”と呼ばれる額から鼻にかけての箇所への発症率が高くみられます。

 

さて、白ニキビや黒ニキビ、現段階では簡単に言うと“ 毛穴が汚れてつまった状態 ”であって、まだ炎症を起こすところまでは悪化していません。ここで、赤く膨れている訳では無いからといってケアを怠ると状態は悪化し、赤く膨れた“ 赤ニキビ ”へと症状は進んでしまうのです。

 

赤ニキビの原因はアクネ菌の増殖にあり。

 

アクネ菌とは、医学用語ではプロピオニバクテリウムアクネスと言うのですが、このアクネ菌の増殖により炎症が起き、結果、赤ニキビの発症へと直結していきます。

 

“ 炎症 ”の起こる仕組みですが、白血球がアクネ菌からお肌を守ろうと攻撃を仕掛ける際に活性酸素を発生させるのですが、それに伴いこの活性酸素が大切なお肌の周辺組織へもダメージを与えてしまうのです。菌をやっつけるための代償というわけですね...(/ _ ; )

 

そうなる前に、正しいにきび治療で白,黒ニキビのうちに赤ニキビのできるのを未然に防ぎましょう!

 

しかし、本当の理想は、ニキビレスであり健康で美しさの安定したお肌ですよね☆

 

成長期には皮脂分泌が過剰になったり、女性では月経を迎えることでホルモンバランスが乱れたりと、思春期ニキビには生理的な原因が大きく関係してきます。

 

そして、成長期を終えた後もストレス社会の中で起こる心への影響や不安定な睡眠時間や食生活など、大人になってもニキビや吹き出物のできる要因はたくさんありますので男女問わずお肌のケアは必要になります(u_u)

 

できてしまった赤ニキビを更に悪化させてしまうと、膿が溜まり“ 化膿ニキビ ”になってしまいます。

 

化膿ニキビになってしまうと、肌組織の損傷も大きく“ ニキビ後 ”と呼ばれる赤みが残ったり“ クレーター肌 ”と呼ばれる凸凹肌となってしまう可能性が高くなってしまうため、膿ニキビになってしまうことは本当本当に避けたいところです!!

 

そのために、自分自身で日々行うことができるスキンケアや、できてしまったニキビへのケア方法などを知っておくことが必要ですね^_^♪こちらの記事もとても参考になるのでゼヒ正しいケア方法を習得してくださいね。

 

 

また同じく本サイトの首ニキビの予防あと治療法を首ニキビの原因にて説明していますのでそちらも参考にしてください。