白ニキビ つぶす

首ニキビの種類

首ニキビといってもそのニキビには種類があることを知っていましたか?
ニキビには初期の症状のものから、悪化してしまったニキビ症状のものまで4つのタイプに分類することができます。
ニキビ跡を残さない為にもニキビケアを初期の段階で行えるかどうかが大切なことになります。
ニキビの4つのタイプを知ることで自分のニキビが今どの状態にあるかを知っておきましょう!

 

白ニキビ

白ニキビとはニキビの初期症状です。毛穴の入口が塞がれて皮脂や角質が毛穴の中で詰まってしまい、皮膚が内側から押し上げられてぷっくりと膨らんでしまったニキビ。

白ニキビ


毛穴の出口を塞いでしまった原因は必ずしも角質のみとは言えず、お風呂でのシャンプーやリンスの洗い流しやお化粧のファンデーションが落としきれなかったことが原因にもなりえます。
この時に無理に押し潰したりむやみに触れたりすることは避け、ニキビの初期症状とも言える白ニキビの段階で正しいニキビケアを行えば、症状も軽度で収まりやすく、ニキビ跡にもなりにくいと言えます。

 

黒ニキビ

白ニキビから一歩進んだ症状のニキビ。皮膚の中から押し上げられた皮脂や角質が毛穴の先端をこじ開けて、空気に触れた皮脂が酸化すると黒ずんで見えます。

黒ニキビ


黒ニキビが発生しやすい箇所は皮脂の分泌が多い鼻やおでこなどのTゾーンで黒いポツポツが見えることからイチゴ鼻とも言われます。
黒ニキビではニキビの先端が黒っぽく変色している状態のニキビを指しており、これ以上悪化させない為にも一刻も早いニキビケアを行う必要あるでしょう。

 

 

広告1

 

 

赤ニキビ

黒ニキビよりも症状が悪化しているニキビがこの赤ニキビで毛穴の中で詰まった皮脂線や毛包が炎症を起こしてしまって赤く腫れ上がっている状態になります。
ニキビ表面および周りの皮膚が薄赤い色合いに見え、炎症を起こしているニキビは痛みが強く、治癒した後でもニキビ跡として残ってしまうこともあります。

あか

ニキビ跡を残さない為にも手で触ったりと外的な刺激を与えないように気をつけ、保湿を十分に行いながら皮膚を柔軟にしてターンオーバーを整えるようにします。

ニキビ専用のケア商品には保湿を行いながらアクネ菌を排除してくれるものを選ぶようにしましょう。

 

黄ニキビ

ニキビの中でも最も症状が重い状態で赤ニキビが悪化し、毛穴の中で溜まった膿で表面が黄色がかったようなニキビに見えます。

きいろ


この段階では真皮層まで炎症が広がり、アクネ菌とさらには黄色ブドウ球菌もニキビに侵入し増殖してしまっている為に皮膚組織までも壊してしまうケースがあります。
よってこのような状態で潰してしまうとクレーターのようなニキビ跡ができる確率が非常に高い状態なので絶対に触れてはいけません。

 

 

 

広告1